病院内・企業内・認可保育園を全国で200園以上運営

MENU

社長の想いCHILDCARE

当社は「子ども主体の保育」を実践するための会社

社長のイメージ

漠然と政治家になりたいと考えていた大学生の頃、教授がひとこと私に言いました。「実は、国や社会を変えていけるのは『教育者』だ。遠回りに見えるかもしれないけどね」。そのひとことをきっかけに大きく方向転換をし、教育の道に歩みを進めることになります。

大学を卒業し、幼稚園教諭の資格を取得するために地元の短大夜間部に通う中、さまざまな学びを得、さまざまな幼稚園、保育園を見学する中、一般的に行われている「一斉保育」は真の保育ではないのではないか?と感じ、考えたのです。 保育者の立てるカリキュラムに沿って、同じ時間に同じことをさせる保育。同じようにしないと、できないと注意される、叱られる。子ども達一人ひとりの興味関心を大切にするのではなく、保育者のさせたいことが優先される。ある意味、管理されているのではないか・・・。

それが本当の教育なのだろうか。親や教育者が一方的に指導するのではなく、子ども一人ひとりにもっと寄り添うことが大切なのではないか、「子どもが主体の保育」が必要なのではないか。学べば学ぶほど乳幼児教育の重要性を感じ、そして大学付属幼稚園での勤務、副園長を経て、27歳の時に「理想の幼児教育を実践するために…」と起業することを選びました。

当社の保育では“非認知能力の育成”を重要視しています。私が大学生の頃に“EQ”(心の知能指数)という書籍がベストセラーになっていました。著者のダニエル・ゴールマンはこのEQは「思いやり」「自制」「協力」「調和の能力」などであり、それは「日本的価値観」であると序章で述べていました。そして、その本には「“IQ”が高い人よりも“EQ”が高い人の方が幸せな人生を送れる」ということが書かれていました。

社長のイメージ

私が中高生の頃は学歴主義社会であり、優等生は称賛されますが、そうでない子は相手にされなかった時代です。当時の同級生にいわゆる不良の子がいましたが、不良って実は優しい・・・。繊細だったので傷ついて、世の中に反発して・・・不良と呼ばれるようになってしまうケースがあると感じていました。事業をやりながらそんな過去を思い出してみると、本当に大切なことはなんだろうとか、人間ってどう生きるべきなんだろう?といろいろ考えました。IQが高ければ人として偉いのかというと、そうではない。

初めてEQという概念を見たときに、目指すべきものを見つけたと思いました。そのEQが20年経って“非認知能力”という言葉に置き換わりました。実際に“非認知能力”が大切だということがアメリカのミシガン州で行われたペリー幼稚園プログラムでエビデンスをもった結果として出て、自分が追い求めてきたものが裏付けされたような気がしました。

我々の保育は保育者が決めたカリキュラムを子ども達がただこなす、文字で言えば、ワークブックを興味関心もないのにさせるような詰め込み式の保育ではありません。一人ひとりの子どもの興味関心を大切にして、その子が学びたいと思った時期に学ばせる、習得させる手法です。基本的に生活=遊びを通して子どもが自発的に学んでいくのをサポートするような保育です。

知識や技術を先に詰め込むことは、メリットよりもデメリットの方が多く、子どもの成長のバランスが崩れてしまうことが多々あります。知識や技術の習得も大切ですが、それ以上に大切なのは「内面を育てる」ということ。それがいわゆる「非認知能力」です。それが自分で人生を切り拓く力=生きる力だと考えています。人としての土台、人生のベースを作ることが幼児教育の、そして僕たちの役目だと考えています。

土台がしっかりした子どもたちは、IQのようないわゆる認知能力についても伸びやすくなりますし、なにより人生を幸せに生きていける力を持てるようになります。私はそれこそが真の教育だと思っていますし、キッズコーポレーションが追い求めてきた保育です。 2020年の教育改革でようやく「子ども主体の保育」をやっていこうと国全体が変わってきました。教育先進国では子ども主体、遊びを大切にした保育は普通に行われているので、そういった点では現状の日本は幼児教育に関しては少し遅れているといえるでしょう。この現状を良くするためにも、我々の保育手法、キッズアプローチをもっと広げていきたいと考えています。

幼児教育によって国を変えるオンリーワンな企業

社長のイメージ

私自身30年以上保育に携わっていてひしひしと感じるのは、教育は国の根幹であるということです。保育事業がなければ社会は回りません。つまり当社の事業はインフラ事業といえます。そう考えると当社が果たすべき役割や社会に提供すべき価値の重要性を感じますよね。

そしてキッズコーポレーションの価値は、本当に幼児教育を考えているメンバーが集まっているというところです。経営会議にていろいろな話をしますが、最後に戻ってくるのは当社の保育理念であるKids Firstです。何より子どもが最優先ということを考えたとき、時には営業のスピードを抑えたりすることもあります。

もちろん運営施設が多いほど会社にとっては利益が出ます。しかし、理想とする保育ができていない現状があるならば、1回立ち止まって自分たちの保育を見つめなおし、質を高めてからまた走り出せば良いと。利益よりも子どものことを最優先して考える、何よりも大切にするのはKids Firstだからです。

「幼児教育によって国を変える」という考え方がベースにあるので、お金が儲かればいいとか、たくさん保育園を展開できればいいということではありません。これはまさに我々のすべてを表していて、そういったところに他社とは違う強みがあると思っていますし、何よりもそれが我々の価値です。元幼稚園教諭が起業して、全国に200園を超える保育園を運営しているというのもほかに例がないので、そういった意味でもオンリーワンな企業といえるでしょう。

子どもたち、保護者、クライアントのためのキッズコーポレーション

社長のイメージ

当社の保育園は、子どもたちにとってとにかく楽しいところであってほしいと思っています。義務だから行かなくてはいけません、みたいな場所ではなく、家に帰ってきても、早く明日になって保育園に行きたいなって思える場所です。

以前あるお母さんから「日曜日でお休みなのにうちの子は保育園に行くって言うんですよ」と聞いたときは最高に幸せでした。実際に、先生方の努力もあり、当社運営の保育園はそういった場所にできている実感はあります。

保護者にとっても、あってよかったなと思ってもらえる、なければ困るようなそういう施設になってほしいと思います。近くにあるからそこでいいや、この保育園あってもなくてもどっちでもいいというのは存在価値がないのとイコールです。

ぜひキッズコーポレーションが運営している保育園に通わせたい!や、うちの会社の保育園、うちの病院の保育園、キッズコーポレーションの保育園でよかった!と思ってもらえるようになりたいと考えています。

クライアントにとっても保護者と同様、なくてはならない存在になりたい。委託していただいた企業の職員の方々が安心してキッズコーポレーションの保育園に預けられる、だからこそキャリアを諦めず安心して働くことができる。そんな風に思ってもらえる園を作りたいと思っています。キーワードは「安心」です。クライアント企業を支えるためのしっかりした下支えとしての役割を全うしたいと考えています。

保育士は理想の体現者

社長のイメージ

キッズコーポレーションにとって、保育士は理想の保育の体現者です。保育者は子どもが好きだから働いているという人がほぼ100%を占めているわけで、そういった人たちが働きやすい環境、自分の思い描いた理想の保育を実現できるように環境を整えていかなければなりません。

ある園の園長先生から、「本当にキッズコーポレーションという会社に出会えてよかったです。」というメールをいただきました。私は人間関係はお互い感謝し合うことが大切だと思っていて、我々が日々現場で理想を体現してくれている保育士に感謝することはもちろん、保育士の方々からも感謝されるような会社になっていきたいと常々思っています。

そのために当社が行っていることとして、研修制度や待遇改善への取り組みです。 研修では、基本的に私たちの保育手法「キッズアプローチ」の考え方を伝えています。

子どもの遊びは最も重要なことなので、キッズアプローチをどのように実践するかが大切です。その裏側では保育者の細かい配慮がなされていないといけないといったことから、遊びながら学ぶことができる環境づくり、子どもたちにかける言葉遣い、関わり方といったことなど、理念浸透の研修から現場での実践方法まで事細かに行っています。先生方の心の在り方も自然と子どもに伝わっていきます。そのようなことも含めて、人として何が大切なのかということを伝えていくようにしています。

また保育園、幼稚園は、サービス残業、持ち帰り仕事というのが業界全体で当たり前になってしまっています。当社は残業代に関して1分単位で払っていて、持ち帰り仕事は禁止しています。求人を出すときもその地域の相場よりも少し高い給与を提示しています。そういった点で待遇改善は進められているかなと思っています。もちろん、もっと改善するためにさまざまなことに挑戦しなくてはいけないことも同時に思っていて、当社が追い求めていかなくてはいけないところだと感じています。

また現場を支える本部スタッフの存在も大切です。教育は国の根幹であるからこそ、当社は当社の理念「子どもの教育を通して、未来を育み、社会に貢献する」ことを本気で考え、実行しようとしている会社です。会社と同じ夢をもち、社会を支えていることに生きがいとかやりがいを持った人が集まれば会社としてとても強いと考えています。この会社で働くことをやりがいに感じて自己実現できる、この会社にいることが誇りに感じる人が集まれば自然と会社はより成長し、より社会への貢献度も高くなります。同じ思いを持った人が一人でも多く仲間になってくれたら必ず理想が現実になると確信しています。

夢はみんなを救うヒーロー

社長のイメージ

子どもは無限の可能性があります。2歳で宇宙飛行士になりたいと思って、それをその頃から思い続けて努力したらきっと叶うでしょう。だから子どもの持つ夢を大切にしてあげたいのです。

ただどうしても大人が狭めてしまう傾向にあります。子どもが「仮面ライダーになりたい」と言うと、「仮面ライダーにはなれないんだよ」と。しかし、無限の可能性を秘めた子どもたちは本当になんにでもなれます。思い続ければ、必ず仮面ライダーになれます。それはいくつになっても同じ。夢をもって、その夢を目標に変えて、それを叶える努力をする、そういう風に生きていた方が楽しいと私は思います。

日本全国に200箇所以上保育園を運営していますが、まだ当社の保育園がない県もあります。日本でもまだまだ増やしていきたいと思っていますが、次に我々が目指す場所はというと、自ずと海外進出となってきます。当社は2020年、中国とシンガポールでも保育事業をはじめました。まずはASEAN諸国で展開をして、場合によってはアメリカやヨーロッパにも進出して、「幼児教育の日本の会社と言ったらキッズコーポレーション」と海外の国で言われることを目指しています。

私自身が保育者だったこともあり、子どもたちに贈っていた言葉があります。「みんなは世界に羽ばたいていく子どもたちなんだよ」。言っている本人が日本だけに留まっているわけにもいきませんからね。自らが背中を見せるというのは非常に大切だと考え、一心に歩んでいます。

私の夢はHERO、世界中のみんなを救うHEROになりたいですね。

代表取締役 大塚 雅一

大学卒業後、大学付属幼稚園勤務を経て、27歳で起業。

『画一的な幼児教育』に疑問を感じ、理想の幼児教育像を求めて300ヵ所を超える幼稚園・保育園を訪問。 自らが理想とする幼児教育を追い求めて現在に至る。

代表取締役を務める株式会社キッズコーポレーションでは病院内保育園、企業内保育園を全国各地で展開。 都内を中心に認可保育園「大空と大地のなーさりぃ」を運営。

200園を超える施設を運営することで、働く女性を側面から支援している。
平成29年秋「藍綬褒章(ランジュホウショウ)」を受章。 51歳という異例の若さで受章し、天皇陛下にも拝謁した。

著書:「キッズアプローチ 子ども主体の保育〜生きる力・非認知能力を育てる~」

著書「キッズアプローチ」表紙画像

創業以来「非認知能力の育成」「子ども主体の保育」を実践してきた独自の保育手法「キッズアプローチ」を、理論だけでなく実践までを詳しく解説している。保育現場で試行錯誤をしている保育者や、ご家庭でお子さまと接している保護者の皆さんにぜひ手に取ってほしい1冊。

Amazonで購入する

CONTACTお問い合わせ

当社へのお問い合わせはこちらからお願いします。

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ※受付時間 9:00~18:00 (土日祝を除く)

0120-080-710

私たちの保育関連ページ

私たちの保育トップ トップページ戻る

資料ダウンロード

以下項目をご入力のうえ、次へお進みください。


お名前(漢字)必須

法人名・病院名必須

電話番号必須

メールアドレス必須

※フリーメールアドレスは受付できません。半角英数字でご入力ください。


当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

ページの先頭へ戻る