病院内・企業内・認可保育園を全国で200園以上運営

MENU

企業内保育園を運営委託するメリットSERVICE

今や企業は従業員が働きやすい環境を整備することが当たり前に求められ、人材確保や企業イメージ向上、ダイバーシティ経営を進める試金石として、グローバルな競争力の強化につながります。保育園設置は他社との差別化に大きなメリットがあります。

メリットのイメージ

男女雇用機会均等法が施行されて久しいですが、依然としてわが国における女性の地位や立場は弱いままです。女性役員の数は毎年微増していますが、男性役員100人に対して約3人と、極端に少ないのが現状です。女性役員がいる企業でも、ほとんどが1人だけであると言われます。

しかし、女性の活用はダイバーシティ経営(多様な人材を生かす戦略)を進める試金石として、企業のイノベーションの促進、グローバルな競争力の強化に貢献すると考えられており、今後、一層注目が集まります。その中で、東京証券取引所は管理職に占める女性の比率の高さや育児支援の充実ぶりなどを基準に、1部上場企業46社(令和元年度)を「なでしこ銘柄」として選定し、現在注目されています。

メリットイメージ

企業内保育園とは、企業勤務者を対象に保育園を設置・運営することです。

企業内保育園を整備することは、今まで働くことのできなった女性が働けるようになる収益性、従業員満足度の向上による企業の活性化、新規採用時に求職者に与えることのできるプラスの印象などのメリットを考えれば、十分費用対効果に見合う投資であると考えます。

また、少子化が叫ばれる中、この企業内保育園の役割は企業の運営や収益性を向上させるためだけでなく、日本のためにという視点でも重要であり、女性の働きやすい環境を作ることは、子どもが減り、労働力が減少しつつある日本ではとても必要なことと考えます。

メリットのイメージ

現状では結婚や出産を機にいったん労働市場から退出し、数年後にまた別会社で復帰するというケースが多く、優秀な女性人材の出産後の確保には企業内保育園の設置が非常に有効な手段となります。「離職防止」と「早期復職」のニーズに応えられる環境を用意することが、離職率を下げることにつながります。

また企業規模が大きいほど保育施設の導入事例も増えています

ではいざ企業内保育園を設置しようとなった場合、その導入プロジェクトの担当者はどのようなことを考えなければならないでしょうか。

上記以外にもクリアしなければならない事項は山ほどあるため、担当者の負荷はかなり高くなります。子どもを預かる責任や保護者への対応、注意しなければいけないことの数も非常に多いです。さらに担当者自身も保育園運営以外の業務があることを考えても、プロに運営を委託することをおすすめします。

当社の企業内保育園運営事例

メリットのイメージ

当社は日本全国で企業内保育園を運営しています。施設規模や特徴など、実際の運営事例をまとめています。 企業内保育園の運営事例

私たちの保育

私たちキッズコーポレーションは、創業時から子どもの内面や心を大切にし、非認知能力を育てるための「子ども主体の保育」を実施してきました。独自の保育手法ーキッズアプローチにより子ども一人ひとりが輝ける、安定した質の高い保育を実現しています。

私たちの保育についてはこちら

CONTACTお問い合わせ

当社へのお問い合わせはこちらからお願いします。

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ※受付時間 9:00~18:00 (土日祝を除く)

0120-080-710

企業内保育園の運営委託関連ページ

企業内保育園の運営委託トップ トップページへ戻る

資料ダウンロード

以下項目をご入力のうえ、次へお進みください。


お名前(漢字)必須

法人名・病院名必須

電話番号必須

メールアドレス必須

※フリーメールアドレスは受付できません。半角英数字でご入力ください。


当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

ページの先頭へ戻る